人は歩き、動き回るため、どんな衣服でも体に密着させる必要がある。そのためには、衣服を制御する支点がなければならない。支点がなければ、衣服全体がほどけてしまうからだ。支点は肩と腰である。吊り、締める。上着は着るものだが、実際には肩から吊る。ズボンは腰で締める。和服も腰で締める。上着は肩で、和服は腰で着るといわれる所以である。2本足で歩行する人間にとり、最も適した方法だ。

人とベルトの 歴史は古い。古代エジプトの第一王朝の時代は、腰布とベルトが、さまざまな方法で組み合わされ、実用と装飾を兼ねた。帯を胴体に巻き付け、結び目がアクセサリーの代用を果たした。カエサルの時代まで、ベルトはおしゃれの小道具として不可欠なものだったと史実に残る。10世紀以降になると、ベルトにもう一つの役割が課せられた。当時の衣服にはポケットがなかったため、その代用である。人々はベルトに短剣や財布、鍵、文房具までをぶら下げた。

ベルトがもっとも華やかなりし時代は、14~15世紀だとされる。絹と金、革とエナメルなどの組み合わせに、宝石や貴金属があしらわれた。それが庶民の間まで流行し始めると、英国では贅沢なベルトに対する奢侈禁止令が発令された。依頼ベルトはとりわけ英国では、大半が黒の革ベルトに変化した。英国人たちは、そこに短剣と財布だけをぶら下げるようになった。 20世紀に入ると、ベルトは一転してカジュアルなアイテムとして扱われる。

Movable Type 4 へようこそ!

| コメント(1)
このブログ記事は、Movable Type 4のインストール完了時に、システムによって自動的に作成されたブログ記事です。 新しくなったMT4の管理画面で、早速ブログを更新してみましょう。

ふふふ★今日は憧れの先輩とのデートだったのー!先輩は本当に格好よくって、先輩、後輩問わずみんなに大人気!私はあきらめが悪く...いやいやあきらめず最後まで頑張ることがモットーだから、今回のデートを勝ち取ったのよ!っていってもまだ付き合ってないんだけどね、「まだお前のことはよく分からないからお試し期間だーっ」て言われて試されているところなんだよwなんだかドラマみたいでしょ!だからこのチャンスを逃すまいとここぞというばかりに気合をいれておしゃれしまくって行ってきたわww

つけまつげでまつげバッサバッサ、目が大きく見えるカラーコンタクトを使い、私髪が短めであんまりオーラないから女らしさをアピるためにもポイントウィッグを使って変身してきたの!すると先輩から「やりすぎー、違う人みたい...」って苦笑いされちゃったんだけど、「そのウィッグはよく似合ってるよ、髪長いのも良いね」って言われちゃって赤面で今にも鼻血がふきだしそうだった!!ウィッグしていって私の違う部分も見てもらえて、しかも気に入ってもらえたから本当に良かったよー(^^*)単純かもしれないけどもっとウィッグの種類増やそうかな、この前ネットで素敵なウィッグ専門店見つけたし!!先輩に見合う自分になるためにファイトだー!

最近のコメント

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。